MTFのオナニー射精でセックス妄想トレーニング

・MTFさん!オナニーで女性的な感覚を得れなくて諦めてませんか?

女性的なオナニーで快感を味わおうとすると竿付きMTFの場合は最初はけっこう難しい
かも知れません。

 

性自認が男性の場合、男性器を使うオナニーの場合は射精の瞬間がピークになります。
これを栄に急激に快感は下がります。これを賢者タイムといいますね。

 

人間は煩悩が付きものですが、男性のこのオナニーの時間は迷いなどがないのでこのよう
に言われているようです。

 

一方女性の場合は、快感は徐々に上がって行き徐々に下がっていきます。
さっさと出して終わりではないのです。

 

MTFの場合はSRSをしない限り身体は男性なので、後天的に感度を探さなくては女性
の逝くような快感を味わうことは難しいです。

 

しかし、トレーニングで性感帯を開発することができます。

 

・未工事MTFさんはセックスのイメージトレーニングで嫌悪感を執心に変える

男性器が付いていると自分に自信が持てず、自己肯定感も下がり続けてしまうことも多々
あると思います。

しかし、これから性別適合手術をするかしないかは別として、当たり前ですが気持ちの上で
はあなたも少しでも女性になりたいと切に願って止まないでしょう!

 

現に男性器であるペニスがついていると思いますが、これを女性器だとイメージするのです。
女性器の小陰唇やクリトリスと見立てるのです。

 

どういうことかと言うと、性別適合手術(SRS)は術式も複数あるのですが、陰茎の神経を
使ってクリトリスにするようです。

 

これは、専門医と相談して決めることになるので一概にこうだと断言できませんが、陰茎
を使って女性器を作るのは間違いありません。

 

なので、難しいですがペニスの亀頭の部分を「これが私のクリトリス」と見立て先端を
刺激するとクリトリスが濡れてきたというようにリアルにイメージするのです。

 

アダルトDVDを観て亀頭を見てクリトリスが愛撫されているとイメージすることです。
これを何度も反復して擦り込みます。

 

・身近にいるタイプの男性にやられてるイメージする

トランスジェンダーとしては、意中の相手がヘテロセクシャルの場合願望を叶えること
はほぼ無理です。

 

しかし、これから理解のある人と恋愛やセックスの予行練習としてタイプの人にやられて
いるイメージを妄想することは意義があります。

 

愛する人に愛される、未来のあなたを思い描きながらベッドが軋み、シーツは汗と体液で
汚れているとイメージするのです。

 

思う存分近い未来のなりたいあなたをめい一杯想像してください。

 

・新しい性感帯を開発してみましょう!羽根付性感グッズで愛撫するこで感じやすい体質へ

前々項では男性器を女性器に置き換えてイメージする方法をご案内しましたが、この項では
新たに性感帯を開発するということをお伝えします。

 

今まで自分自身でもわからなかった性感帯を知ることで、女性のように快感の持続時間を長
引かせることがある程度可能です。

 

例えば耳、脇の下、うなじなどは気持ちよくなりやすい場所です。

耳かきは好きな人が多いですが、耳かきエステやサロンなどもあるようにリラクゼーションと
しての人気が根強いです。自分でするのもいいですが、人にやってもらう方が気持ちいいです。

 

美容室に行ってカットクロスを羽織るときに美容師さんに締め付けを緩和するために軽くタオル
を巻かれますね。うなじ辺りを少し触られるときにゾクってくることはないでしょうか?

 

このあたりは敏感になりやすい部位なので、羽根のついた性感グッズでソフトタッチするように
していけば気持ちよくなるはずです。

 

そして、性器とリンクさせるようにすうにします。

 

例えば耳をコショコショしながら性器をローターなどで弄るなどです。
このときは理想の女性像に自分自身を重ねることです。

 

快感の持続時間などを男女で比較すると、男性の射精をピークに急激に落ちるのに対して
上がるのも下がるのもゆっくりなのを見ると、男性は何か単純のように見えますね。

 

快感の余韻に浸ることもできるのは女性ならではだと思います。

 

・オナニー射精でも嫌悪感がなくSRSもする気がなければそのままでもありです!

MTFだけどある程度マスターハンドでのオナニー射精が楽しめる場合で、そのことに対
してさほど嫌悪感を感じてない場合には竿あり玉ありのまま、もちろんホルモン無しでも
問題ないと思います。

ただし、推奨する訳ではないですが女性ホルモンしないと女性っぽい脂肪の付き方などを
得ることはできません。体毛にも変化は特に見られません。髪や肌のツヤも得ることはで
きません。

女性的な脳への変化も期待できません。射精ができるということは男性ホルモンが分泌さ
れている状態です。これをどう捉えるかはもちろん人それぞです。

 

逆にホルモンをすると個人差はありますが、開始後2~3カ月で性欲は減退します。
男性的なオナニーは余程の刺激を与えても射精は難しくなります。

 

1年も女性ホルモンを続ければ生殖機能はほぼ完全に潰れます。
そうなるとホルモンを中止しても男性の生殖機能が復活することはありません。

少し矛盾もありますが、ここで私が何を言いたいのかというと安易に女性ホルモンをして
男性の生殖機能が潰れると女性ホルモンをずっと続けなければいけないことになります。

 

MTFなんだからいいと思われるかも知れませんが、ある程度年齢を重ねてからMTF
として社会に溶け込むことが難しいのです。

 

男に染まっていて染み付いているので中途半端な状態になってしまい、自殺する人も
いるようです。

 

また、個人的な見解として女性ホルモンをすると男性器てなオナニーが出来なくるので
女性としても快感を探しておかないと、自分がよくわからない状態になったり快感を得
るという楽しみも皆無になってしまうかも知れません。

 

このようなことから、男性的なオナニーを心理的抵抗を感じずできる場合はよく考えた
方がいいと思います。

 

・まとめ

オナニー射精をする上で自分自身を女性に置き換えるトレーニング方法などをご紹介して
きました。

ノンホルモン状態では根本的には男性脳が優位に働くので、性的処理も男性的になってし
まいます。しかし射精後メンタル面では自己嫌悪や背徳感に襲われてしまうMTFさんが
多いのも事実です。

 

主にノンホルで出来るだけ女性に近づけるオナニーの習得方法をご紹介しました。

オナニー射精で抵抗を感じないMTFでも恥じることはない!

・私のオナニーって変なの?MTFであっても性嗜好は人それぞれです!

MTFがオナニー射精に嫌悪感を感じる人が、私の感覚値では結構いると思います。
それは普通のことだと思います。それどころか生殖器にも嫌悪感を感じているのも
無理のない話です。

 

物心つく頃から自分は女の子だと思っていて、与えられたおもちゃや服などが男の
っこぽいことにモヤモヤを感じてしまうでしょう。

スカートを履きたいというとあなたは男の子でしょ!、などと親に言われてしまい
仕方なく男の子として振舞って来たという場合は尚更でしょう。

しかし、

 

性自認に目覚めるのが遅かった場合はオナニー射精しているMTFさんもいます。
男として生きるのがすごく嫌でもないけど、女として生きる方が自分は好きとい
うような場合です。

MTFだけど性嗜好はMTX(男も女)的な要素もあるだと思います。
このように性嗜好にこだわらない人もいるようです。

 

MTFだからオナニー射精がダメという訳でもなく、あくまでも本人の嗜好の違い
であってどちらが正しくて、どちらが間違いという訳でもありません。
優劣の問題でもありません。

 

・MTFも性的解消は男性的なオナニー射精でも嫌悪感がなければOK!!

MTFで自分の生殖器を極力見たくないし触りたくないという場合には床オナニー
や布団に擦り付けて快感を得よとしている人もいます。

 

前項でも触れたようにこのようなMTFのタイプは物心ついた頃から、身体と心の性
が不一致のことに違和感があった人だと思います。

 

でも、まったく苦もなく(過言かもしれません)オナニー射精ができる場合は男性的な
性処理の方法でもいいと思います。

 

嫌悪感を感じずに気持ちよくなれればオナホールなどを使ってもいいでしょう。

 

・性自認の目覚めが遅かった場合は男性的なオナニーしか知らなくて当然

幼少期から思春期まで性別に特に違和感なく過ごしてきた場合は男性的なオナニー射精
しか知らないはずです。

 

何かをきっかけに女性に目覚めたりした場合は、男性に嫌悪感を抱いて生きてきたという
より女性のとして生きることの方が魅力的と感じる人が多いような気がします。
(もちろんすべての人に言えることではありません。)

 

女姉妹に囲まれて男一人育った場合には、制服でも化粧品もあるでしょう。

 

家族が外出中にちょっとした遊び心から、姉の制服を着てみることから始まったという
ケースもあるでしょう。

 

メンズブラをすることで、女性的な気分になったり着用することを楽しむ人がいて一定
数いて需要もあります。

 

ノンケで妻子が普通にいたりして、性自認も男性である男性が着用しています。

 

このような事からも遅咲きのMTFはオナニー射精しか知らなくても不思議じゃないです。
女性のオナニー方法に興味が出て来てやってみたいと思えば最初はDVDなどを観るなり
して模倣すればいいでしょう。

 

・パンセクシュアルという要素があると性指向はあまり関係ないかも知れない

パンセクシュアルとは男性でも女性でもトランスジェンダー、Xジェンダーとすべての性
に恋愛感情を抱く全性愛という意味です。

トランスジェンダーとは少し違いますが、もしMTFでもパンセクシュアル的な要素がある
とオナニー射精をしても特に違和感などはないと思われます。

 

同じMTF同士でも性指向もさまざまで、自分自身がどこに属するのか模索している方も
たくさんいます。

 

当事者であっても自分の性自認、性指向がよく理解できないぐらい複雑な問題なので
オナニーひとつとっても枠にとらわれず本人の自由でできる受け皿が必要と思います。

 

・遅咲きMTFは射精オナニーはある程度可能だと思うことと、今後の性的解消について

MTFでも遅咲きタイプで、もともと男性として生きていてそれほど違和感を感じていない
、或いはLGBTという言葉すらなくまだまだ閉鎖的な時代に何か違和感を感じながら生き
ていた場合ほとんどの人は射精オナニーできると思います。

 

それは、違和感を抱えながら生きてきた人でも女性と結婚して子供を作り男性として社会
で振舞い家庭ではお父さんとしての役割を果たしてきてる人もいるからです。

 

そんな勤勉で良きお父さんですが、ある日女性もの下着や服などが隠してあったのを奥さん
に見つかり問い詰められカミングアウトするということもあります。

 

もちろん今のところ社会的にはLGBTは差別や偏見は蔓延っているのが現状です。
それを恐れて墓場まで持って行く人もいます。

 

モヤモヤを抱えながらでも男として騙し騙しやってこれた人は射精オナニーは可能でしょう。

しかし、男性的な性的処理に年を重ねるごとに嫌悪感を感じるようでしたら自分自身を
女性として見立てることを第一歩の目標としてみるといいと思います。

 

自分自身が女性であり、それを見て興奮してオナニーしている男性を見て自分自身が
快感を覚えるというイメージを持つことです。

 

・MTFのオナニーについてのまとめ

MTFであっても性的解消はさまざまです。性指向も100人いたら100通りあります。

やはりステレオタイプに捕らわれず、自分自身がやりやすいように解消するのが一番
です。

オナホを使ったりローターで刺激を与えたり、各々が好きなようにすればいいのです。
また性的解消を他人と比較することでもないので、あなた自身あなたの好きなように
満足いくまで解消していだければと思います。

ホルモン治療無しのMTFがオナニーで嫌悪感を減らすための方法

・あなたは自分の男性器に嫌悪感を感じながらのオナニーで憂鬱になっていませんか?

MTFでも産まれたときの身体の男性器を見てオナニーするのに、罪悪感や背徳感に苛ま
れてオナニーする人とそうでない人と十人十色それぞれです。

しかし、あなたが自分の男性器がヒクヒクと反応して且つ糸を引いているのを見る度に
憂鬱になるのであれば少しやり方を変えた方がいいかもしれません。

 

また、女性ホルモンをしてなければ男性的な生殖機能は働いてるのである程度そういう
ものだと思った方が気が楽です。

 

あまりご自身を責め過ぎずに、どうか少しばかりでも肩の力を抜くような意識をもって
いただければと思います。

・男性器を視界に入れないでオナニーをするのが先決です!

男性器を見ないようにオナニーするのには、一番はいいのはうつ伏せになり床や布団で
こすりつけるようにする方法です。

 

床は刺激が強いのであまりおすすめしません。更には布団でも強めにやらないと刺激が
伝わりにくいということがあるので女性のように軽いタッチで感じるようになるために
は少し不向きかも知れません。

 

最初のうちは電動式のオナホールでもいいと思います。シコシコを手で触ることもせず
且つ見なくてもオナニーできるので一石二鳥です。

 

・耳かき感覚で新しい性感帯を開発

 

あなたは耳かきはすきですか?多くの人は耳かきが好きで毎日止められないという人もい
ます。耳には迷走神経というのが通っていてこれがクセになるようです。

 

耳かきをやってるときはフワッとして眠くなるような感じに襲われることもあると思いま
す。

耳かきエステや耳かきサロンなどで人にやってもらうと気持ちよさが100倍位になり
ますね!

薄暗い照明にヒーリング系のBGMでアロマが焚かれリラックスできる雰囲気があります。
そして人にやってもらうということで触れ合うことになるので神経をリラックスするホル
モンが分泌されます。

 

犬や猫を飼っていると触れ合う事で分泌されるオキシトシンというホルモンです。
愛情ホルモンや恋愛ホルモンなどと比喩されています。

 

ひとりで性感帯を探すというスタンスで感じやすい部分を触っても人にやってもらうより
は感度は劣りますが、電動式などの小物を使うと気持ちよさは増します。

 

ここで挙げている耳かきですが、ローターを耳に当ててみたりするだけでも新しい感覚を
得ることができます。

 

犬を飼っている場合は舐めてもらうと鳥肌立つぐらい気持ちいです。
その他に腋の下やわき腹、乳首の愛撫があります。

 

・意図的に夢精を起こしやすい生活習慣をする

MTFにとって夢精に関して言うと聞き捨てならないことと思われるかも知れませんが、
リアル女子の生理に見立ててみてはいかかでしょうか?

 

夢精が気持ちいという人と下着が汚れるので嫌がる人がいますが、わからなければ一度
試してみるといいと思います。

 

夢精をするのには寝る前に性的なことをイメージします。平常と勃起の状態をメリハリ
をつけてオーガズム前の状態3~5回ぐらいイメージだけで行います。
また、水を多めに飲むことで夢精しやすくなります。

 

更に、あなたの好きな男性または女性を模した抱き枕などがあればイメージを作りやすく
なります。

 

リラクゼーションミュージックや好きなアロマを焚いて寝ると更に夢精しやすい環境を
作り出せると思います。

 

・オナニーがイヤで禁欲を決意、禁欲当初私はよく夢精をしていました。

10年以上前の話ですが、オナニー直後の脱力感や空虚感がイヤで私は禁欲していました。
今でも継続中です。

それまで夢精したことがなかったので、最初は下着が濡れているので何で濡れているのか
わかりませんでした。夢精という現象は知っていましたが、夢精というのがどういう体感
なのか知らなかったのです。

 

ある日の早朝、生殖器から精液が放出される感覚を覚えて目が覚めました。
下着を触ってみると生暖かくヌルッとして濡れいました。

禁欲してからの夢精だということが、初めてわかった瞬間です。

確かにこの感覚は気持ちよかったような気がしますが、下着はベタベタしていることが
多いのでその後の処理に時間を取られますが。

 

このようなことから生理用ナプキンを着用して寝るようにすればいいと思います。
疑似リアル女子を体験できます。

 

禁欲(早く言えば我慢)は意識的にするので、最初の頃はその反動のせいで出てしまうん
だと思います。しかし、禁欲を続けていると性欲の源であるテストステロンの生成も衰
えるような気がします。

 

しかし、だからと言って全く夢精しないわけではなく、頻度が減るのです。

 

禁欲でテストステロンの分泌が減れば性欲も減退するような気がします。
煩悩のひとつである性欲も減退すればラクではないかと思うこともあります。

 

・自分のなりたいイメージ像を常に研究すること

よく自分の将来像を思い描くことを未来の記憶などと表現されていますが、あなたは
あなたの未来像を詳細まで描けていますか?

もし女性ホルモンをして最終的には性別適合手術(SRS)まで行うというプランが
明確であればそれに合わせた行動をしてると思います。

ただ、ホルモン服用はせずオナニーも嫌悪感を感じる場合では、上記のプランの人
よりモチベーションは低くくなるでしょう。

 

なので、自分を女性に見立てて男性または女性と好きなプレーをどれだけ頭に焼き付
けるかだと思います。

 

ただ、何となくやってると男性的なマスターベーションで嫌悪感が残ります。

大人になってMTFと気づいた!オナニーの方法は変えなくていいのか?

・大人になってMTFだとわかったけど、オナニーにのやり方にも少し躊躇いが出て迷走していませんか?

大人になってから性自認が女性と気づいた、つまりMTFとして今後は女性化も視野に
入れて考えているけど、オナニーのやり方に少し戸惑いを感じるようになったいう場合
もあります。

もともと中性的な男の子で服装の好みも女の子っぽい、少女漫画などが好きだった、
先天的に女の子目線で物事を観えるのでで女の子の友達の方が気兼ねなく付き合え
たという思いでがあったりすることが多いようです。

 

だからといって男の子がイヤかというとそんなこともなく、それはそれで楽しいという
思い出があるようです。

 

結局どっちなの?と思ってしまいそうですが…

女の子的な部分があるけども性欲処理は、マスターハンドで問題なく違和感なく満たす
ことができるので特に不満はないけども出来れば女性のようにオナニーしてみたいとい
う気持ちが芽生えてきたけどよくわかならい、という場合は当記事を参考にしていただ
ければと思います。

 

・エクスタシーは人それぞれだから無理に変える必要はないです!

どのようにオナニーをして快感を得るのかはMTFであっても各々性嗜好が違います。
男性時代のようにそのまま射精するのに心理的にどこまで抵抗があるかということに
なるでしょう。

男性のようにマスターベーションを継続することで心理的に違和感を感じてないので
あればそのままでいいでしょう。

 

最初は心の問題なので、自己を女性として投影して射精するなどで快感を得られている
のら、気持ちの面では女性なのですべてに於いて拘らなくていいと思います。

 

もちろん拘りたいというのは内面から来るものなのですが、作法のような物をひとつ
づつ丁寧に会得してく心構えも大事だと思います。

この件に関しては少しづつステップアップしていけばいいのです。

 

・オナニーのバリエーションを増やすと新たな発見ができます。

男性の場合はマスターハンドで射精をするのが一般的です。なので男性的なオナニー
が少し動物的で違和感があるなどの場合は床でオナニーしたり、女性用のローターを
患部に当てて刺激するのもいいでしょう。

自分自身の生殖器を女性器と見立て、下着の上からディルドを押し当ててイメージ
することもでもいいと思います。

 

また、シスの人で夢精が気持ちいという人もいるようです。禁欲していたりストレス
や興奮んしていたら夢精することが多いようです。

寝る前にたくさん水分を取ることで夢精しやすくなるとも言われています。
ただ夢精は下着が汚れます。

しかし、

生理ナプキンをつけて経血に見立てて妄想するのも楽しいかもしれません。
私たちは元々男性なので身体の構造上、生理はあり得ないわけです。
夢精することで疑似的に生理を体験できる機会だと思います。

 

・自分を憧れの女優として投影してオナニーは他人がをすると位置関係を変えると違う心情が得られると思います。

あなた自身が好きな女優さんに自分自身を投影することで女優さんに成りきる
ことが最初のステップになります。

ただ、これだけではMTFレズビアンにしか成り得ないのでここからまた位置
関係を替える必要があります。

 

オナニーをしているのはあなたではなく他の男性であって、女優になってるあ
なたはその男性がオナニーするのを見て気持ちよくなっていうという構図です。

 

少し難しいですがこれをイメージできるようになれば違和感も少しは緩和される
と思います。

・個人的な見解として精子が気持ち悪いと思うのなら、潮吹きに見立てるのもいいと思います。

女性は潮を吹くということが人によってはあるようです。精子が少し気持ち悪い
ように感じたら女性の分泌物や潮吹きに見立てるのもありだと思います。

 

先述しましたが、心の在り方が基本になると思うのでイメージすることからはじまり
そのうちに何度も反復してるうち所作が身についてくると思います。

 

DVDなどを視聴して、この女優はどういう心情を演じていて、自分自身がどのように
心情でどのようにすれば似たような状況を作り出せるかなどを何度もイメージして
すり合わせていくといいでしょう。

第三者に対して心情や感情をイメージすることで感情移入しやすくなります。
少し難しいかも知れませんが、このようなトレーニングも後に役立つはずです。

 

・大人になってからのMTFのオナニー方法の悩みのまとめ

成人してからの性自認が女性だと気づいた場合のオナニーに関する、ヒントや考え方
などを書いてきました。

 

最終的にあなた自身がMTFと一口で言っても今後どのように生活していきたいかと
いうことです。

 

日本教育の悪いところですが、〇〇だったら皆このようにしなければいけないという
事を私たちは植え付けられてきました。

 

潜在意識にこの植え付けに多少なりとも残っていると思うので、ご自身の目指すところ
はどこかを目標をしっかり定めることが大事です。

 

価値観の多様化していて昔よりは多少なりとLGBTも認めている企業もあります。
LGBTの人達の各々価値観をたくさん知るということでヒントになることもある
のでアンテナを張っておくといいでしょう。

MTFのオナニーは罪悪感を伴う場合もある。あなたは自分を蔑んでませんか?

・私の心は女性なのに「男性器での性処理はホントに情けない…」で悩んでいませんか?

MTFでのオナニーでは産まれた性別、つまり男性の生殖器を使ってオナニーをすること
に抵抗を感じることがあるでしょう。

MTFといっても人によってもこの辺りの趣向様々で、その時のシチュエーションなどに
よっても変わってきたりします。

 

感情によっても左右される女性の心で生きている、もしくは生きてきた人が多いのでこれ
から女性で生きていきたいと思う場合は複雑な問題のひとつです。

 

この記事では、身体の機能が男性のためにコンプレックスを抱えて性処理をしていつも
虚しさに苛まれてるときのために性別適合手術のことについてメインにまとめていきます。

・死ぬほどイヤなら性別適合手術(SRS)の選択もありです。

簡単な問題ではないですが、どうしても身体が男性なことに死んでしまいたいと思うぐらい
嫌悪感を感じている場合に最終的性別適合手術(SRS)も選択肢のひとつとしてあります。

ただ、あなたもご存じのように日本でSRSができる医療機関も限られていたり、保険適用
もなく治療費も高くハードルは高くなります。

そして、SRSをする前にはジェンダークリニックで2名の医師の診察が必要などと、これ
また手術前までに様々ハードルをパスしなければいけません。

 

でも、男性の身体がイヤでイヤでしょうがないから煩雑な手続き踏み、リスクを背負って
SRSをする訳です。

しかし、

 

登りたい山を登ってる途中は苦しいことがつきものですが、山の頂上に上ったときには絶景が
広がっていますね。

 

晴れて女性になると、今まで苦しめられたことが報われるという人がMTFでSRSをした
人には多くいます。(もちろん術後のケア等大変なこともあります)

 

生半可な気持ちではするものではありませんが、最終的にどうしてもSRSまでしたいという
場合はすることによって身体が本望の女性に近づくことによって気分的にも健やかに日常を送
ることができると思います。

 

・SRSで心理的に苛まれなくなる

人によりますが、睾丸摘出もしない状態で渋々男性のようにオナニーをしていたらSRSを
することで心理的にかなりラクになるはずです。

嫌悪感を感じている竿や玉がなくなることで、女性の身体で弄ることができるからです。

 

今まで罪悪感、嫌悪感、虚無感などが複雑に頭の中を交錯することによって自分自身を責めて
メンタル的にも悪く生活の質を下げていたと思います。

 

一般のシスジェンダーの人が、仕事や対人関係などでこのような状態が6カ月も続くと
うつ病などで休職したりするのは珍しいことではありません。

 

自己肯定感も下がってきますので、自信が持てないなどということにもつながります。

 

しかし、自分の求めている状態で生きることでイキイキと自信を持つきっかけにもなります。

 

・見えないところを改造したことで気持ちが入る

SRSをすることで戸籍変更をして、まったく縁もゆかりもない土地で本当の自分を出して
生きることは意義のあることだと思います。

 

下着と衣類で通常見えないところに手を入れることで内面から溢れる自信やオーラも出す
きっかけになります。

今まで高いハードルを乗り越えて来たのですから、SRS直後は振舞いなどに自信がなくて
も振舞いなどトレーニングをある程度すれば「私は女性」として少なくても他人の前では振
舞うことはできるようになるでしょう。

 

アイデンティティーの確認がしっかりしてくると今までできなかったことにもできるように
なってきます。

 

通勤ラッシュ時の女性専用車に乗ってみることでも自分を確認することができますね。
喋ることもないので抵抗も少ないでしょう。

女性化した後も不安はありますが、少しづつでも出来ることが増えるはずです。

 

・一度SRSをすると元に戻すことは不可能です。女性用の自慰行為グッズなどを試して疑似女性オナニー!

ここまで書いておいて言うのもなんですが、SRSをすると元の状態に戻すことができません。

ほとんどいないようですが、世の中にはたまにSRSをして後悔するという事例もあるよう
です。

そのためにジェンダークリニックがある訳ですが、これも診察する医師どうこうという問題
ではなくほぼ自分の意志を伝えるという役割の方が強いです。

なので、結局のところSRSをしてみないと心情の変化は分からなくいということはあるで
しょう。

あなたももう既に試されてるかも知れませんが、床オナニーや女性用のローターなど使って
股間に当てて自信を女性に見立てて妄想するとういことで疑似女性のオナニーを試してみる
のもありかと思います。

また、

前立腺マッサージなどでも快感を得られる場合があるのでアナルパールで開発してみるのも
本来の生殖器を強く刺激することなく快感が得られるかも知れません。

 

・最後は自分次第

SRSを推奨してるのか反対してるのか翻弄させてしまい恐縮なのですが、やはり最後は
あなたの内なる願望だと思います。

すぐに答えが出る問題じゃなく、人によっては様々な葛藤が付きまとうでしょう。

日々自分自身と対峙することが重要だと思います。いつも気持ちを整えて刹那的に生きる
ことで潜在的に秘めるあなたの自分自身を客観的に観れるのではと思います。

ハッと心が動く、トキメクときが本当の自分をしるチャンスだと思います。